ナイスバディになる!くびれの作り方

 

くびれを作る前にお腹周りの内臓脂肪を落とす!

 

ウエストのくびれは運動なしには成立しませんが、食事制限のダイエットなくしてもくびれを作るのは難しくなります。脂肪が多過ぎる食事をしながら、いくら運動をしても非効率なのは当然ですよね。そこでここでは、くびれを作るための事前準備として、お腹周りの内臓脂肪を落とす必要があることについてお話ししましょう。

 

くびれってどんなもの?

 

くびれというと、イメージ的にはウエストがキュッと引き締まって、バストやヒップを引き立てるメリハリの一部になっている姿が目に浮かぶでしょう。

 

ところが、いざくびれを作るにはどうすればよいかを考えてみると、体重を減らして痩せればいいというような単純な考えしか浮かばないのが一般的です。

 

しかし、体重を減らせばウエストにだけくびれができるかというと、そんなことはありません。むしろウエストより先にバストが痩せてしまい、下半身だけズドンとした体型になってしまいがちです。とはいえ、運動だけでくびれを作ろうとすると、脂肪が邪魔になってしまいます。美しいくびれを作るためには、脂肪を減らすと同時に運動して筋肉を引き締める必要があるのです。

 

食生活の見直しが重要

 

脂肪と一口にいっても、その種類には皮下脂肪や内臓脂肪があります。女性の場合、皮下脂肪が多くつきがちといわれますが、現代の食生活や生活習慣では内臓脂肪がたっぷり付く女性が増えているのも不思議ではありません。

 

内臓脂肪とは、内臓まわりに付く脂肪のこと。指でつかめる部分が皮下脂肪で、指でつかめないながらも付いている脂肪が内臓脂肪だなどという説もあります。健康診断をすると内臓脂肪がどのくらい付いているかがわかりますし、最近では内臓脂肪率を測れる体重計もありますよね。

 

内臓脂肪はウエストが太くなったりポッコリお腹になるだけでなく、内臓機能の働きまで低下させてしまう恐れがあります。内臓脂肪を落とすには、運動と同時に食生活を見直すことが大切です。

 

ただ食事を減らすのではなく、規則正しく食事をとり、栄養バランスをよくする必要があるのです。内臓脂肪を落とすサポートをしてくれるサプリメントも出ていますから、利用してみるといいかもしれません。

 

くびれを作るためにまずは脇腹引き締め運動から

 

くびれといえば、ウエストがキュッと引き締まった様のことを指します。ただ、ウエストといっても、前後左右と4つも側面がありますよね。ポッコリお腹もどうにかしたいし、サイドを引き締めれば正面からの見た目が良くなりそうです。ここでは、まず脇腹を引き締めることからくびれを作っていく運動について、紹介しましょう。

 

ウエストのくびれはどこから?

 

くびれを作ると決めたものの、実際はどこから優先的に引き締まっていくものか、引き締めていくべきかが具体的にイメージできていない方も多いのではないでしょうか。もちろん、運動や体の専門家でもなければ、そんなことは知らなくても当然です。

 

実は、一番くびれがわかりやすい部分は、ウエストのサイド部分です。体を横から見ればポッコリしたお腹が目立ってしまっても、正面から見れば目立つのはウエストサイド。脇腹を引き締めることで、いち早くウエストのくびれができた実感がわくのです。

 

脇腹を引き締める寝ながらツイスト運動

 

では、脇腹を効率よく引き締めるには、どんな運動をしたらよいのでしょうか?テレビを見ながらでも簡単にできるのが、寝ながらツイスト運動です。

 

まずは、仰向けに横になってください。両手は床に着いて、両足を天井に向けて垂直に上げましょう。足が高く上がったところで、今度は右側に両足を倒します。床に着いてしまってもよいので、ゆっくり倒していってください。倒しきったら、また垂直に両足を上げてください。

 

次に、両足を左側に向けて倒します。これを一日に10回も繰り返せば、ウエストは確実にくびれていきます。ただ、あまり運動しない人にとって、この運動は筋肉をしっかり使うのでちょっとキツイかもしれません。途中、筋肉がひきつれるようなことがあれば、無理せず楽に動かせる程度までで止めてください。続けていくうちに、徐々に楽に体が動くようになってきます。

 

モデル並のくびれは腹筋運動が欠かせない

 

ウエストを引き締めるために、毎日せっせと腹筋運動をしている方もいるでしょう。腹筋とは腹部の筋肉のことで、腹筋運動とは一般的には前後の腹筋を鍛える運動です。それではポッコリお腹を改善するしか効果がないのでは?と思うかもしれませんが、内臓脂肪が増え始めた人に腰回りの一部分にだけ脂肪が付くということはありません。

 

内臓脂肪は、まんべんなく付いてしまうものなのです。そこでここでは、くびれを作るためにも欠かせない腹筋運動について、お話ししましょう。

 

腹筋運動を続けられないのは何故?

 

学校に通っていた頃には、体育の授業で誰もがしたことのある腹筋運動。上半身だけを床から上げ下げしたり、仰向けになって両足だけを上げ下げするのも腹筋を鍛えるのに効果的です。

 

ただし、こうしたいわゆる腹筋運動を想像しただけで、やる気が失せるという方もいるかもしれません。なぜそんなに腹筋が嫌になってしまうのかといえば、キツイからです。

 

腹筋運動は、ほんの2〜3回やっただけでも、お腹の筋肉がプルプルと震えてくるぐらいキツイもの。だからこそ効き目があるのですが、毎日続けられないのでは意味がありません。そこでオススメしたいのが、キツクない腹筋運動です。

 

運動は後回しにしない

 

楽な腹筋運動なんてあるの?と疑われるかもしれませんが、無理をせずに一般的な腹筋運動をするだけでも効果があります。

 

例えば、ひざを立てての腹筋運動、両手を床に着いたままでの腹筋運動なら、ひざを伸ばしたり両手を頭の後ろにやっての腹筋運動より楽でしょう。とにかく大切なのは、毎日運動を続けることです。

 

運動をやったりやらなかったりの日々では、筋肉は引き締まってくれません。腹筋しなきゃと思ったときに、でもやっぱり後回しにしようと思うのも、よくありません。思い立ったときに、今やらなければずっとやれないかもしれないと思って片づけてしまったほうが、毎日の運動につながります。

 

くびれを効果的に作るひねり運動

 

いわゆるくびれが目立つのは、ウエストのサイドが引き締まって見えることを指します。そんなくびれを作るには、ひねり運動が効果的です。体をひねるだけでウエストがくびれるの?と疑心暗鬼になった方も、何もしないよりひねり運動をしたほうが筋肉を使うことになるのはわかりますよね?ここでは、くびれに効果的なひねり運動について、紹介しましょう。

 

お腹の横の筋肉、腹斜筋

 

一口に腹筋運動といっても、お腹まわりの筋肉の種類に目を向ける必要があります。いわゆる腹筋運動というと前後の腹筋を鍛える運動ですが、仰向けになった体を起こしたり倒したりする運動で鍛えられるのはおへそより上の筋肉だといいます。

 

もちろんおへそより上の筋肉も鍛えたいところですが、それでは脇腹は引き締まりませんよね。そこで重要になってくるのが、腹斜筋を鍛える運動なのです。腹斜筋とは、ズバリ!脇腹の筋肉そのものです。くびれを作って細く見せるためには、絶対に腹斜筋を引き締めておかなければダメです。

 

腹斜筋を鍛える方法

 

実は、腹斜筋を鍛えるには、特別な運動をしなくてもよいのです。方法は、姿勢を正しくして過ごすこと。デスクワークなどの作業に集中していると、ついつい姿勢が前のめりになったり、リラックスしているときには腰からくだけたような姿勢になっていませんか?

 

リラックスしているときはともかく、いつもふんにゃりとした骨をゆがませるような姿勢でいては、腹斜筋も緩んでしまいます。

 

実際に、姿勢をスッと正してみてください。脇腹の筋肉が、シャキッと引き締まった感覚がわかりませんか?気が付いたときに姿勢をシャキッと正したり、電車のつり革につかまっているときなどに姿勢をまっすぐに保つようにすると、自然に腹斜筋は鍛えられます。

 

背筋を伸ばしながらウォーキングしたり、脇腹を軽くねじるような腹筋運動をするのも、腹斜筋を鍛えてくびれを作るのに効果を発揮します。

 

くびれを実現するためにサプリも活用しよう!

 

確かなくびれを実現するためには、お腹まわりの筋肉を引き締めるのと同時に内臓脂肪を減らすことも肝心です。内臓脂肪は目に見えないだけに、ついつい油断して溜めてしまいがち。だからこそ、食事制限で行き詰ったらサプリメントでサポートするのも効果的なのです。ここでは、くびれ実現に向けてのサプリの活用について、お話ししましょう。

 

どんなサプリがくびれ実現をサポート?

 

ダイエット向けのサプリといっても、数えきれないほど種類があります。ここでおすすめしたいのは、内臓脂肪に効果的なサプリメントです。脂肪を燃焼するには、通常は食事での脂肪摂取を控えつつ、運動でエネルギーを消費するのが定番スタイル。

 

ただ、あまりにも内臓脂肪が多い人やダイエットでの食事法を間違ったり困難だという人にとって、頑張っても成果が出にくかったり続けていけないことがくびれの実現を阻んでしまいます。そんなとき、役に立つのが内臓脂肪を効率よく減らしてくれる成分を含むサプリメントです。

 

糖分も脂肪のもと

 

脂肪を減らすためには、大きく分けて2つの方法があります。1つは、食事で摂取する脂肪分を体に溜め込まないようにブロックしてくれる成分。2つ目は、すでにある内臓脂肪を効率よく燃やしてくれる成分です。できれば、両方ともの効果を得られると一石二鳥ですね。

 

ダイエットに成功できない人の多くに、甘いものを好む嗜好があります。糖分は脂肪とは違うと思いがちですが、実は体内ですぐにエネルギーとして使われなかった糖分は、脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。
疲れたから、ちょっと口寂しいからといって甘いものをつまむ習慣を止められずにいると、くびれはどんどん遠のいていきます。

 

糖分を余計にとっているだけでも、栄養バランスは偏り始めていることを忘れないでください。栄養バランスのとれた食事をしつつ、サプリメントで内臓脂肪を減らす手助けをして、効率よくくびれを手に入れましょう。